JP EN
アプリ・システム・ソフト開発

 

ロボットアプリケーション開発

会話によるやりとりや感情認識。人型で外部システムとの連携も可能な、高度な機能を兼ね備えた人型ロボット。彼らの登場により、人とロボットとの関係は、「操作」から「対話」へと進化し、心を通わせるほど身近になりました。
電算システムは、そんな人型ロボットとお客様を繋ぐお手伝い(ロボアプリ開発)をいたします。

ロボットアプリケーション開発

Copyright(c)SoftBank Robotics Corp.All Rights Reserved

株式会社電算システムはソフトバンクロボティクス社の「Pepperパートナープログラム」によりPepperアプリ開発パートナーとして 認定された「ロボアプリパートナー(Basic)」です。
認定ID: PPP201603004

開発対象ロボットのご紹介

(株)電算システムのコミュニケーションロボット事業では、ソフトバンクロボティクス社の人型ロボット「NAO(ナオ)」と「Pepper(ペッパー)」を対象としています。
両ロボットは、既にいくつかのビジネスシーンに取り入れられ、その存在感を示し始めています。
お客様の目的にマッチした活用案のご提案・コンサルティングからアプリケーションの開発まで、ワンストップでご対応いたします。

ロボット活用イメージ

受付・接客ロボット

様々な業種における、店頭での来店者の出迎え、受付や接客業務を幅広く行う事ができます。

・来店者へのあいさつ
・店舗設備等の案内
・商品の紹介
・PR
・ダンスなどの余興
・アンケート等の呼びかけ・実施

高齢者向けロボット

老人ホームなどの介護施設で、高齢者の方を対象とし、人型の親しみやすさを活用したサービス展開を行います。

・利用者へのあいさつ
・会話の相手
・軽運動の指導
・レクリエーションの補助
・アンケート等の呼びかけ・実施

サイネージ連動ロボット

広告などを表示するだけでなく、ロボットを併設する事でさらにインパクトを。
サイネージ製品も取り揃えておりますので、幅広くご提案が可能です。

・画面と連動した企画
・サイネージとロボットのダブルの注目効果
・視聴者の反応調査
・アンケート等の呼びかけ・実施

各種業務支援ロボット

産業用ロボットとして人間の代わりに作業を行うのではなく、対話し、人間と関わり合う仕事を、人間に共に行う事ができます。

・教育分野への活用
・カウンセリング分野への活用
・IoT分野への活用
・対話が可能な入力装置としての活用

開発費用について

規模やご要望により増減いたしますが、80万円程度から、ロボアプリ開発のご相談をお受けしております。

ロボットの導入費用、保証料などのランニングコストは別途となります。詳しくはお問い合わせください。

開発スケジュールのイメージ

開発スケジュールのイメージ
ページトップへ戻る