JP EN
情報セキュリティ

情報セキュリティ

情報セキュリティに対する取り組み

情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC)

電算システムは、平成15年5月23日、財団法人日本情報処理開発協会(現、情報マネジメントシステム認定センター(ISMS-AC))より、ISMS適合性評価制度における認証基準を達成した事業者に付与されるISMS認証を取得しております。

ISMS方針

当社は、経営戦略のひとつとして、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を位置づけ、この確立及び運営管理をとおして、お客様からお預かりする情報を含む情報資産を守り、もって、顧客満足の向上に応えるとともに、社会的責任を果たします。

ISMSでは、関連する法令等の順守及びリスクアセスメントに基づき、適用する情報セキュリティ対策を決定し、以下の「情報セキュリティ方針」に基づき、これらの対策を実施します。

情報セキュリティ方針

  1. 1.情報セキュリティ(情報の機密性、完全性及び可用性の維持)は、業務である。
  2. 2.執行責任者として、情報セキュリティ管理責任者を選任する。
  3. 3.情報セキュリティに対する知識と認識を高め、自主的な改善を促進するために、継続して教育及び訓練を実施する。
  4. 4.情報セキュリティ事故を未然に防ぐために、日常監視を実施し、必要に応じて予防処置を実施する。不幸にして事故が発生した場合は、早期復旧に努め、是正処置を実施する。
  5. 5.故意又は重大な過失により情報セキュリティ違反を犯した者を厳重に処罰する。
  6. 6.個人情報については、当社の「個人情報保護方針」に従って管理する。
  7. 7.リスク対策に関する方針として、情報セキュリティ管理策を実施するための個別の方針を情報セキュリティ方針群として定める。

平成15年1月10日制定

平成28年5月1日最終改訂

株式会社電算システム

代表取締役社長執行役員COO

田中 靖哲

ページトップへ戻る