福利厚生

財形貯蓄・持株会

財形貯蓄は給与からの天引き(賃金控除)により財形取扱機関に預入を行う貯蓄制度で、「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つがあります。ライフイベントで必要となる資金づくりを支援します。

持株会は従業員の皆さんの財産づくりをすすめる一策として設立した制度で、給与からの天引きにより一定金額を拠出し、自社の株式を購入する制度です。少額の資金で自社株を購入でき、従業員の資産形成を支援するために導入しています。また、個人の拠出金に加え、会社から奨励金(拠出金の10%)を支給するなど、加入しやすい制度になっています。

資格取得支援制度

社員のスキルアップをサポートするため、資格取得に関する支援制度を充実させています。
資格手当
会社が指定する資格を取得した社員には報償として一時金を支給しています。
受験料補助
会社が指定する資格の試験受験料を援助します。

契約福利厚生施設

全国情報サービス産業厚生年金基金(JJK)の借上保養施設(国内2カ所のホテルと、海外ハワイ保養施設)を格安で利用することができます。
また、国内6カ所提携保養所(旅館・ホテル)、JTB/日本旅行の旅行代理店ならびに全国各地の保養施設の利用に補助が受けられます。

その他諸制度

各種休暇制度、各種社会保険、確定拠出年金(401k制度)、ノー残業デー(毎週水曜)など。

計和会

社員の親睦を深めるため、バレーボール大会、ソフトボール大会、ボーリング大会など、一年を通して様々なイベントを行っています。企業神輿を担ぐ岐阜市の道三まつりは、電算システムの伝統行事となっています。
道三まつり
ボーリング大会
ディナークルーズ

クラブ活動

社員同士の交流の場として、所属部署を超えた社内のクラブ活動が盛んです。仕事以外でも多くの人と関わりを持ちながら、充実したプライベートを過ごすことができます。
部活としては茶道部、野球部、剣道部があります。中でも茶道部はテクノセンター内に設けられた本格的な茶室、亦楽庵(えきらくあん)にて、月に2回裏千家の茶道のお稽古をしています。IT企業には珍しい設備かと思いますが、お客様をもてなす場、社内外の交流の場として利用されています。一歩部屋に入るとまったく違う空気・時間が流れ、心が落ちつくと評判です。
茶道部
剣道部
配属後