株式会社電算システム
ホームお問い合わせサイトマップ
オフィスガードウォール
>
>
>
メディアディテクト
PCガードウォール
メディアディテクト
リークガードウォール
お問い合わせ
製品トップへ
メディアディテクト
メディアディテクトの特徴
(1)
セキュリティポリシーによってファイルへの正アクセスを監視します。(機密性・可用性)
(2)
ファイルへのアクセスログにより、追跡調査を可能とします。(責任追跡性)
(3)
アクセスログの保存、抽出を可能とします。(真正性)
(4)
外部媒体への持ち出しを禁止します。(完全性・信頼性)
(5)
メール・添付ファイルを監視します。(責任追跡性)
暗号化機能 外部記憶媒体への書き込み禁止
メールからの漏洩防止 共有ファイルからの漏洩防止
簡単インストール セキュリティポリシー設定・配布
管理ツールの提供 アクセスログ管理
 特徴
●メディアディテクトは、PCガードウォールのスタンドアロン版です。
●PCガードウォールの機能を踏襲しています。
●オールインワンとして、更に価格を抑えて導入できます。
・メールの制限(長文メール、添付ファイル制限)
・外部記憶メディアへの書き出し禁止機能(3段階の許可)
・EXE形式の暗号化機能
・管理ユーザでの監視無効化機能
・ネットワークフォルダへの書き込み制限
・ローカルフォルダ共有設定禁止
・登録したアプリケーションの動作禁止
・ファイルアクセスログの出力
・印刷ログの出力
・ログの設定容量以上の循環利用機能
・管理ツールで、ログビューアの提供
・パスワード付きインストール機能
・ワンデイパスワードによるアンインストール機能
・グループ毎のセキュリティポリシー設定
・グループ毎のインストール&設定変更機能
・サイレントインストール機能
単機能のいろいろな製品を組み合わせて、情報漏洩対策をおこなう場合に比べ
(1)ポリシー設定が一本化でき、システム管理者の負担が軽減される
(2)設定されたポリシーに基づき各機能が連携して動作するため、的確に運用できる
(3)トータルの導入費用が軽減される
といったメリットがあります。
 主要機能
●パソコンからの情報漏洩を防止します。
●PCガードウォールのスタンドアロン版となります。
●セキュリティポリシーの設定が簡単に行えます。
機能概要
暗号化機能
(1)外部記憶媒体へ書込みを許可されたPCでは、設定により、書込み時に暗号化できます。

(2)外部への持出しは、パスワード付自己解凍型暗号ファイルとして作成できます。

(3)暗号化を行う場合は、デスクトップ上のショートカットにドラッグするだけで暗号化が可能です。

(4)複数のファイル、フォルダも一度に暗号化が可能です。ファイル名は、設定により元ファイルと同一にすることも可能です。
外部記憶媒体からの漏洩防止
(1)FD,USBメモリ等、またはUSB,IEEE1394接続されたデバイス等へ書込むことを禁止します。

(2)設定により、暗号化機能と連携できます。

(3)3段階の書込み制限の設定が可能です。
メールからの漏洩防止
(1)メールの監視のみ行うか、送信制限を行うかの設定ができます。

(2)管理者への通知(to,cc,bcc)があるメールには、送信制限はありません。

(3)メールの送信制限を行う場合に、3段階の設定があります。

(4)管理者の登録は、200名可能です。各課毎の設定が可能となります。

(5) メール送信ログを出力します。ログ内容は、送信先、送信元、件名、添付ファイル名となります。
共有ファイルからの漏洩防止
(1)標準では、ネットワークディスクは書込禁止です。端末の共有フォルダの作成も禁止です。

(2)設定に応じて、共有フォルダの作成(公開)が許可できます。

(3)設定に応じて、すべてのネットワークディスクの書込を許  可することもできます。

(4)個別に、共有フォルダの書込を許可できます。Windowsのアクセス制限と合せれば、セキュリティが更に強化されます。
簡単インストール、ポリシー設定
(1)ポリシー設定は、管理ツールで行います。課、部単位等のグループで行い、当該設定のインストールモジュールができます。

(2) PCへのインストールは、当該モジュールを実行するだけで、規定されたポリシーが反映されます。

(3)サイレントインストール機能も装備しています。配布ソフトと連携すれば、サイレントインストール機能で自動配布が可能です。

(4)アンインストール時には、パスワードが必要です。もし忘失した場合には、ワンデイパスワードが利用できます。
ログによるPC管理
(1)ログは、指定した最大容量まで、循環して記録されます。取得したログは、管理ツールのビューアで確認できます。

(2) ログ(アクセスログ)、印刷ログ、メール送信ログを取得するかどうかの設定が可能です。

(3) 取得するログの除外対象フォルダを指定することができます。
機能一覧
外部記憶媒体書込制限 外部記憶媒体への書込を3段階で禁止(読込は制限なし)
・FD、USBメモリーなどの持出し可能なデバイスへの書込禁止
・USBやIEEE1394ポートで接続されたデバイスへの書込禁止
暗号化機能 機密ファイルの暗号化処理
・セキュリティポリシーと連携して、外部記憶媒体にコピー時、暗号化処理
・出力は、パスワード付き暗号化ファイル
・複数のファイル、フォルダ単位の処理
メール監視(SMTP) メール送信制限
・添付ファイル付きメールや長文メールの送信禁止
・管理者への通知を含んだメールは送信可能
メール監視ログ採取
・メール送信時の送付先、送信元、件名、添付ファイル名等をログ出力
ネットワーク監視 ネットワーク共有ディスクの使用制限
・許可された共有ディスクのみ書込可能
・PCの共有設定の禁止
PCの検疫 PCの検疫のために、監視サーバ(※1)の提供
・監視サーバの設置により、セグメント内の不正PCを監視、接続制限
ログ出力 PCのアクセスログ採取
・サーバ/ローカルファイルへのアクセスログを採取
・暗号化した元ファイル、暗号化ファイル名のログ出力
印刷ログの取得
・印刷した時刻、ドキュメント名、PC名、ユーザ名、ページ数等をログ採取
ログオン監視したログの採取
・ログオン、ログオフしたユーザ名、時刻等のログを採取
ログ管理 ログの設定、管理
・ログをPC内で循環保存
・保存ログ容量の設定
・複数のPC毎ログを一括表示するビューアの提供
管理ツール 管理ツールの提供
・各種セキュリティポリシーの設定
・クライアント用インストールファイルの作成
・グループ毎ポリシー配布用ファイルの作成
インストール グループ毎の同一ポリシーインストール
ワンデイパスワードによるアンインストール機能
サイレントインストール機能
 動作環境
●メディアディテクトは、つぎのように一般的に業務でお使いのPCにお手軽価格で、1台から簡単に導入可能です。
●導入後は、PC毎にグループ化された情報漏洩対策が可能になりますのでシステム管理者の負担を大幅に削減できます。
●システム管理者は、管理サーバから各種の設定を一括して行い、集中管理できます。
仕様
動作環境 管理ツール CPU Celeron 以上 (推奨 Pentium4 2GHz以上)
    メモリ 256MB 以上
    HDD 10MB 以上の空き (NTFSであること)
    対応OS Windows Server 2003
Windows Server 2008
Windows XP pro
windows Vista Business
Windows 7
※上記OSが問題なく稼働すること
  クライアント CPU Celeron 以上 (推奨 Pentium4 2GHz以上)
    メモリ 256MB 以上
    HDD 10MB 以上の空き (NTFSであること)
    対応OS Windows 2000 SP4
Windows XP pro,Home
windows Vista Business,Home Basic
Windows 7
※上記OSが問題なく稼働すること
価格
管理ツール ¥100,000/台
クライアント ¥4,000 〜 ¥12,000/台
※管理ツールは、セキュリティポリシーの変更やログを確認する場合に必要です。
※多くの機能をオールインワンで利用でき、しかも低価格で導入できます。
※インストール等のサービスもご用意しております。
試用版もご用意しております。
お気軽にお問合せください。
copyright (c) DSK. all rights reserved.