株式会社電算システム
ホームお問い合わせサイトマップ
DS-mart ERP
>
>
>
生産管理
ERP
生産管理システム
販売管理システム
貿易管理システム
会計管理システム
BIツール
伝票Web配信
マスタ統合
導入効果
導入事例
活用シーン
価格表
チェックシート
お問い合わせ
製品トップ
中堅・中小企業向け 基幹業務システムDS-mart ERP
DS-mart ERP生産管理システムの特長
繰り返し生産と個別受注生産のハイブリッド型。生産管理、購買管理、外注管理、在庫管理、原価管理まで幅広く工場内の業務をサポート。
DS-mart ERP生産管理の構成図
 組立加工業向け 生産管理システム
まずは、組立加工業向け生産管理システムがベース。個別受注生産にも繰り返し生産にも、どちらにも対応。生産管理や購買管理、原価管理までサポート。

○繰り返し生産の場合
生産計画から現在庫を勘案し所要量計算することで、購買管理や外注管理で手配業務を自動化します。

○受注生産の場合
受注管理から製番管理へ連携し、必要数を全数手配することが出来ます。

○多彩な購買管理
所要量計算や資材発注入力から資材発注書の作成はもちろん、ネット等で購入した資材を製造原価参入できる経費購買機能があり、未払い金計上が可能です。

○検査工程にも対応した仕入管理
納品即検収に加え、検査後に別途仕入計上の2通りに対応し、買掛金計上が可能です。

○有償支給と無償支給に対応
有償支給と無償支給の両方をサポートしています。

○製造リードタイムに合わせて選択可能な作業実績管理
製造指示書をバーコード付きで回すことができ、材料を製品へ出庫していきます。作業実績管理やその他経費も登録や按分可能で、最終的に完成入庫が基本です。あとは短納期の生産に向いているバックフラッシュでの完成入庫にも対応しています。

○過去、現在、未来がわかる在庫管理
過去の受払いの実績を確認し、棚卸し時に活用できます。また、現時点での材料や製品の在庫をリアルタイムに確認することで、的確な対応が可能です。さらに、受注や発注など、将来の在庫変動も加味した予定在庫の照会まで可能です。

○原価計算と原価管理までサポート
材料費、外注加工費、労務費、経費を集計し、実際原価計算を行えます。さらに標準原価と対比し、数量ベースと金額ベースで比較できる原価管理機能で、標準原価の精度向上をご支援します。
DS-mart 生産管理2
 輸出入業務対応 生産管理システム
一般的なパッケージでは、あまり見られない、輸出入対応生産管理システム。外貨での受発注はもちろん、外貨での債権債務まで対応。

○輸出・輸入共通機能
国内標準システムの品目マスタコード、取引先マスタコードでの一元管理
外貨建債権管理、外貨建債務管理
会計取引の会計管理へのデータ連動(自動仕訳処理及びドリルダウン機能)
多通貨管理(社内レート、TTB/TTS/TTM対応)
為替予約管理
DEBIT NOTE、CREDIT NOTE発行(自動仕訳及び回収・支払入力へ連携)
債権・債務の期末再評価

○輸出管理機能
複数受注伝票を1つのInvoiceに取りまとめ
Invoice やPacking List 等の通関書類、Application やBill of Exchange 等の銀行買取書類を自動作成
通関書類、銀行買取書類のExcel出力
L/C 接受情報、L/C明細管理
受注単位で乙仲倉庫への在庫移動機能
Invoice単位での回収管理
前受Invoiceによる回収及び売上機能

○輸入管理機能
計画オーダー(MRP)からの発注データ連携
複数発注伝票を1つのInvoiceへの取りまとめ
輸入積送中の品目を未着品管理
Invoice単位での支払管理
諸掛費用の品目評価単価計算へ反映
DS-mart ERP生産管理の構成図
 プロセス製造業向け生産管理システム(化成品・化学品・化粧品・食品)
化成品・化学品・化粧品・食品などの製造業向けに特化した生産管理システムです。
配合や攪拌、分離などを行う業態では、一般的な生産管理システムでは対応しきれません。
また原価管理においても、間接費を含む実際原価計算と標準原価の比較や、製品別の予算実績管理など、 会計システムまで含めたご提案が可能です。
とりわけ大手化学メーカのグループ会社で実績が多いことが特徴です。

○プロセス製造業への対応機能

◆ バッチ生産に対応した原単位(BOM)登録

◆ 生産計画に基づいた、所要量計算機能 (製番管理が不要)

◆生産実績と原材料消費実績の同時登録処理 (簡易バックフラッシュ機能)

◆ 生産計画に基づいた所要量計算を(工程等)段階別に回すことが可能
  (最終製品・中間品/バルク品の属性単位に所要量展開可能)

◆ 実際原価計算+予定原価計算機能
  (予算を利用した管理会計上の原価計算機能)

◆ ロット管理機能強化と在庫引当機能を保持
  (検査日管理、消費期限管理、自動在庫ロットの出荷引当機能)

◆ 予算管理機能の追加(販売予算、運賃予算、原材料価格予算、費用予算)

◆ 原価配賦基準の設定追加(完成数按分、係数按分、製造原価費目単位)
    Ex:製造比例費(用役費、電力料)、製造固定費(労務費、経費)

◆ 充実した管理会計機能
  (顧客別・工場別別損益明細・原材料消費見込etcを設定)
DS-mart 生産管理3
 自社データセンターのクラウド環境で、ワンストップサービス提供
○クラウドライセンスもご用意しています
パッケージライセンスのみならず、クラウドライセンスでのサービス提供が可能です。また、独立した専用環境で、他社の環境とは全く別環境になりますので、セキュリティも安心です。加えて、サーバ環境はスペックの変更が用意ですので、将来のユーザ数やデータ量の変動にも柔軟に対応が可能です。ネットワーク環境は、最低インターネットだけでも利用可能ですが、社内VPNにも接続可能で、社外モバイル環境までもサポートしています。

○クラウドなのに、パッケージと全く同じ機能を提供します
DS-martERP標準機能パッケージのフル機能が利用可能です。販売管理、生産管理、貿易管理、会計など、必要な機能だけを、サービス利用可能です。ノンカスタマイズ、カスタマイズの両方に対応しています。

○クラウドソリューションを、ワンストップでサービス提供できます
パッケージ、データセンター、ネットワークをワンストップでサポートできます。特に自社データセンターのクラウド環境で、自社ERPパッケージをご利用できますので、ワンストップでサービス提供が可能です。他の電算システム提供クラウドサービスである、GoogleAppsやファイル共有サービスなどとも、合わせてご利用頂けます。

ERP3
Bizgr@ndについて詳細はこちらから
http://www.dsk-idc.jp/28bizgrand.html
copyright (c) DSK. all rights reserved.