株式会社電算システム
ホームお問い合わせサイトマップ
会社概要
>
>
経営姿勢(社是)
会社概要
企業理念
役員紹介
歴史沿革
事業内容
事業所・グループ会社紹介
コンプライアンス
電算NEWS 社内報
電子公告
Anout DSK(English)
CEOメッセージ
破壊なくして創造なし−「Challenge」「Innovation」「Speed」(経営姿勢−社是)で強い組織を作る。
「Challenge」「Innovation」「Speed」の3つを経営姿勢(社是)に掲げられているのは、どういった想いからでしょうか?
「顧客に感動を、社員に夢を、株主に満足をもたらす経営」を目指します。
  「創造的破壊」こそが事業成長にとって重要なポイントだと考えています。我々は新しい価値の創造を目指す企業です。新しい創造のためには、同時に破壊が必要になりますが、創造と破壊を同時に進めていくことが大切です。我々は、企業価値の源泉として、「Challenge」「Innovation」「Speed」をキーワードにして、「とにかく挑戦してみる」「とにかく変えてみる」「とにかくスピードにこだわる」を武器としています。
行動力にはスピードが命ということですね。
過去の経験則から、「あいつにはかなわないな。」と感じるときは、大体スピードで負けているときです。能力だけが問題であれば、時間と知識、知恵をもって追いつくことができますが、相手が行うよりも早く行うことができたとき、これは最大の武器になります。そして、ビジネス環境が目まぐるしく変化する現代において、スピードこそがお客様に対する最大のサービスです。
こうした社風はどのようにして、つくられているのですか?
各事業部に事業部長を配していますが、社員は皆、長の背中を見ています。事業部長が「Challenge」「Innovation」「Speed」を率先して「知行合一」であれば、社員がその後姿を見て、成長します。
では、電算システムの求める人材像をお聞かせ下さい。
「情熱」「コミュニケーション能力」「学習能力」の3つの力を重要視しています。まずは、情熱です。人はただ一つ、情熱についていきます。情熱がある人は、どんどん積極的に変化を起こそうと行動します。そして、この業界はコミュニケーションを疎かにしている傾向が感じられますが、お客様とのコミュニケーション、社内のコミュニケーションとコミュニケーションを必要としない仕事はありません。
そこで我々はコミュニケーション能力も重要視しています。そして、学習能力については、人の話を素早く正確に理解できる基礎能力が大切です。
copyright (c) DSK. all rights reserved.